歯のホワイトニング メリット デメリット 費用 期間

歯のホワイトニングってなに? どうやるの?

歯のホワイトニングとは簡単には歯を白く明るくする。その総称です。

 

実際は、歯の表面に付着した色素などを落とすあるいは分解し、明るく白くするものです。

 

1980年代後半にアメリカで実用化されている技術です。

 

 

ホワイトニングには大別するとふたつの方法があります。

 

オフィスホワイトニングと呼ばれる方法と、ホームホワイトニングと呼ばれる方法です。

 

昔は歯を削って差し歯にしたりして歯を白くしていましたが現在ではこういった方法で歯のホワイトニングができるようになっています。

 

ホワイトニング剤を歯の表面に塗り、ハロゲンランプなどを照射し、歯の中の色素を分解して歯を白くする方法とマウスピースの中にホワイトニング剤を入れて白くする方法があります。

 

いずれの方法を取っても、色素の変化には個人差があり、元々色素の濃い人や虫歯で変色している人には効果が実感できません。

 

 

また、安全性も高まり、技術も進歩しています。

 

しかし、ホワイトニングには個人差があり、差し歯や義歯には効果がなかったり、元々色素が濃い人にはあんまり効果を実感してもらう事ができない場合があります。

 

ホワイトニングは1度やるとずっと白い訳ではなく、1年程度で徐々に戻ってしまいますのである程度ケアが必要になります。

 

また歯を変色させやすい、タバコや赤ワイン、コーヒーなどでも変色の度合いは異なりますし変色の戻りが早く、ホワイトニングの効果もそうでない人に比べて個人差はあるものの、実感できない可能性があります。

歯のホワイトニング 種類はどんなものがあるの?

ホワイトニングの種類には大別するとふたつの方法がありますが、ふたつを併用する方法もあります。

 

デュアルホワイトニングです。

 

では、ふたつの方法について。

 

ホームホワイトニングとは、ホームが示すとおり、自宅でご自身で行うホワイトニング剤を使用したホワイトニングです。

 

一般的な方法としてはマウスピースを作成し、マウスピースにホワイトニング剤を塗布して使用する方法です。

 

ご自身でホワイトニングするために、低濃度のホワイトニング剤を使用します。

 

また効果が現れるまでに時間が掛かり、毎日やらなくてはならないというデメリットはありますが、通常、3万円前後でマウスピースは歯の形に合ったものが作成でき、ホワイトニング剤の費用などだけになりますからコストは比較的抑えられます。

 

手間が掛かる分、持続時間は長めになっています。

 

通常の目安ですと1年から2年程度とされていますが個人差はあります。

 

 

またオフィスホワイトニングとは、オフィスが示すとおり歯科などの専門機関で行うホワイトニングです。

 

高濃度のホワイトニング剤を歯の表面に塗布し、ハロゲンライトなどを使用して色素の分解を行い白くする方法です。

 

コストは10万程度掛かる場合がありますのでデメリットはありますが、効果が現れるまでに早く、早ければ1回で効果を実感する事ができます。

 

デュアルホワイトニングは、このホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併せて行う事をいいます。

 

即効性のオフィスホワイトニングを施した後、ホームホワイトニングで持続性を高めるため、コストは掛かりますが、メリットが大きいため、併用する事があります。

 

 

当サイトでは効果を保証するものではありません。
ホワイトニングは医師の指導の下、正しく行いましょう!

歯のホワイトニング 総合情報

<スポンサードリンク>